藤原敏史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤原 敏史(ふじわら としふみ、1970年7月23日 - )は、日本映画監督

経歴[編集]

1970年、神奈川県横浜市に生まれる[1]東京都パリで育った[2]早稲田大学文学部、南カリフォルニア大学映画テレビジョン学部で学んだ[1]

2006年、『ぼくらはもう帰れない』がベルリン国際映画祭で上映された[3]

2007年、『映画は生きものの記録である 土本典昭の仕事』が公開された[4]

2011年、『無人地帯』が東京フィルメックスで上映された[5]

監督作品[編集]

  • ぼくらはもう帰れない(2006年)
  • 映画は生きものの記録である 土本典昭の仕事(2007年)
  • 無人地帯(2011年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 映画は生きものの記録である 土本典昭の仕事”. 山形国際ドキュメンタリー映画祭 (2007年). 2017年2月27日閲覧。
  2. ^ フェンス 第一部:失楽園 第二部:断絶された地層”. 山形国際ドキュメンタリー映画祭 (2009年). 2017年2月27日閲覧。
  3. ^ Edwards, Russell (2006年2月16日). “Review: 'We Can't Go Home Again'”. Variety. 2014年1月7日閲覧。
  4. ^ 遠藤裕二 (2007年6月1日). “『映画は生きものの記録である 土本典昭の仕事』 藤原敏史監督インタビュー”. 映画芸術. 2017年2月27日閲覧。
  5. ^ Gray, Jason (2011年11月28日). “Old Dog takes top prize at Tokyo Filmex; inaugural edition of Talent Campus Tokyo wraps”. Screen International. 2014年1月7日閲覧。

外部リンク[編集]