藤原保蔭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
藤原保蔭
時代 平安時代前期
生誕 不明
死没 不明
官位 従五位下相模介
主君 陽成天皇
氏族 藤原南家貞嗣
父母 父:藤原高仁、母:橘氏
橘良基娘、錦部富成娘
道明、道快、道微、橘良殖
テンプレートを表示

藤原 保蔭(ふじわら の やすかげ)は、平安時代前期の貴族藤原南家貞嗣流、宮内卿藤原高仁の子。官位従五位下相模介

貞観19年(877年)正月、式部大丞の時に従五位下に叙爵。他、相模介も務めた。

系譜[編集]

出典[編集]