菊地喜充

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

菊地 喜充(きくち よしみつ、1910年8月19日 - 1984年10月31日)は、日本の電子工学者。電気音響工学超音波工学の専門家で、魚群探知機、超音波探傷法の実用化、フェライトによる磁歪材料の開発などに貢献した[1]

経歴[編集]

  • 1910年(明治43年) - 大阪府大阪市北区に生まれる。
  • 1933年(昭和8年) - 東北帝国大学電気工学科卒業、東北帝国大学助手
  • 1934年(昭和9年) - 軍人会入会、野砲兵
  • 1936年(昭和11年) - 同助教授、叙従七位
  • 1938年(昭和13年) - 叙正七位、東北帝国大学退職、日本電気職員
  • 1942年(昭和17年) - 秋山・志田記念賞
  • 1945年(昭和20年) - 叙従六位
  • 1946年(昭和21年) - 日本電気を退職、東北大学電気通信研究所教授に就任
  • 1970年(昭和45年) - 電子通信学会功績賞
  • 1971年(昭和46年) - 東レ科学技術賞
  • 1974年(昭和49年) - 東北大学を退職、東北工業大学の学長に就任
  • 1975年(昭和50年) - 朝日賞(超音波診断法の創始の功績により、和賀井敏夫と共に)
  • 1984年(昭和59年) - 逝去

書籍[編集]

  • 『磁歪振動と超音波』- 1969年、コロナ社

出典[編集]

  1. ^ 菊地喜充先生を偲んで

関連項目[編集]