荒田尾赤麻呂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
荒田尾赤麻呂
時代 飛鳥時代
生誕 不明
死没 不明
主君 大海人皇子
氏族 荒田尾
麻呂
テンプレートを表示

荒田尾 赤麻呂(あらたお の あかまろ[1])は、飛鳥時代の人物。672年壬申の乱の際、大海人皇子(天武天皇)側について戦い、倭京に盾を並べて敵を迎え、退けた。

出自[編集]

荒田尾氏(荒田尾直)は東漢氏(東漢直)の一族である渡来系氏族。東漢志努の後裔とされ、赤麻呂の父の名は伝わらないが、子に麻呂がいたとする系図がある[2]

経歴[編集]

壬申の年(672年)の6月29日、大伴吹負は倭(大和国)で大海人皇子側に立って挙兵し、倭京とそこに集結していた軍勢を得た。ここにいう倭京、以下の古京とは、飛鳥のことで、当時の都だった近江大津宮と対置してこのような言い方をされる。吹負の軍は北上して7月3日に及楽山(奈良にある山)に駐屯した。このとき赤麻呂は、「古京は本営のある場所で、固く守るべきだ」と吹負に進言した。吹負はこの言葉に従い、ただちに赤麻呂と忌部子人を派遣して古京を守らせた。赤麻呂らは古京に戻り、道路の橋板を取り外して盾を作り、京の端の交差点に立てて守った。

翌4日、大野果安の率いる軍との戦いで、吹負の軍は敗れて散り散りになった。果安は追撃して八口に至り、高所から京を眺めて街路に盾があることを見てとった。果安は伏兵を疑って引き返し、倭京は攻撃を免れた。

荒田尾赤麻呂について他の記録はない。

脚注[編集]

  1. ^ 旧仮名遣いでの読みは「あらたを の あかまろ」
  2. ^ 鈴木真年『百家系図稿』巻9,東漢直(宝賀寿男『古代氏族系譜集成』古代氏族研究会,1986年 による)