花浪漫N-30

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

花浪漫N-30』(はなろまんN-30)は、2008年タイヨーが開発・販売した完全告知型の沖スロ5号機。パネルは青と赤の2種類ある。保通協における型式名は「花浪漫N-30」。また、沖縄限定バージョンとしてパネルとスペックが異なる、型式名・『花浪漫R-30』も同時発売され、『花浪漫N-30』と同じゲーム性、スペックの『完熟チェリー』が25φ機として発売された。

概要[編集]

4号機ST機として発売された沖スロ・『ハナロマン』の後継機。

リールパネルの左下の花ランプがキュキュキュイ〜ンという告知音と共に点灯すればボーナス確定(筐体上部のハイビスカスランプも通常時はぼんやりと点灯しているが、ボーナス告知後は点滅状態となる)。

また、「ゴフッ」という告知音とともにパネルが全消灯し、リールパネル左下の花ランプが点灯する先告知演出もある。

ボーナスは、ビッグボーナス・レギュラーがそれぞれ1種類で2枚掛けとなり、ビッグは349枚以上の払い出し(純増約300枚)、レギュラーは109枚以上の払い出し(純増約100枚)で終了する。

なお、ボーナスゲーム中は2枚掛けのみだが、通常時は1枚掛けや3枚掛けでのプレイも可能である。

ゲーム性[編集]

4号機のゲーム性を継承し、角チェリー(特殊リプレイ)はボーナス期待度20-24%、中段チェリー(特殊ベル)はボーナス確定となる。以上の小役とボーナスとが重複当選した場合は、次のゲームで告知が発生する。ただし、そのゲームでリプレイが成立すると告知はさらに持ち越しとなる。

また、特別な演出として、1ゲーム連時のフリーズ演出、遅れ・無音の違和感演出、9種類の特殊な花の点滅パターン(ビッグボーナス確定。他に両ボーナス共通の通常点滅がある。)、32ゲーム内のビッグボーナス時の特別BGM、ゲーム数ゾロ目時のビッグボーナス成立での演出の変化などがある。

ボーナス確率[編集]

  • 花浪漫N-30・完熟チェリー
設定 BIG確率 REG確率 合成確率
1 1/287.4 1/682.7 1/202.3
2 1/277.7 1/668.7 1/196.2
3 1/268.6 1/630.2 1/188.3
4 1/254.0 1/585.1 1/177.1
5 1/242.7 1/565.0 1/169.8
6 1/234.1 1/520.1 1/161.4
  • 花浪漫R-30(沖縄限定バージョン)
設定 BIG確率 REG確率 合成確率
1 1/326.0 1/555.4 1/205.4
2 1/313.6 1/528.5 1/196.8
3 1/303.4 1/500.3 1/188.9
4 1/291.3 1/455.1 1/177.6
5 1/280.1 1/431.2 1/169.8
6 1/268.6 1/402.1 1/161.0

※各数値はメーカー発表値。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]