興世高世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
興世高世
時代 平安時代初期
生誕 不明
死没 不明
官位 従五位下右京亮
主君 淳和天皇仁明天皇
氏族 吉田→興世朝臣
テンプレートを表示

興世 高世(おきよ の たかよ)は、平安時代初期の貴族氏姓は吉田連のち興世朝臣。治部大輔興世書主の近親。官位従五位下右京亮

経歴[編集]

天長7年(830年従五位下に叙せられる。大膳亮を経て、承和3年(836年越中介に任ぜられて地方官に転じる。越中介在任中の承和6年(839年)慶雲が同国新川郡若佐野村に出現したことを上奏する[1]。またこの間、承和4年(837年)一族の書主らと共に、吉田宿禰から興世朝臣に改姓している。

承和8年(841年大膳亮に任官すると、承和10年(843年右京亮仁明朝中期は京官を歴任した。また、承和9年(842年)には内位の従五位下に叙せられている。

官歴[編集]

六国史』による。

脚注[編集]

  1. ^ 『続日本後紀』承和6年12月8日条

参考文献[編集]