聖職者按手

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

聖職者按手(せいしょくしゃあんしゅ)はキリスト教教派の一つの聖公会で、新しく主教司祭執事叙任するときに、聖公会の主教が頭に手をおいて祈り(按手)、使徒継承の権能を授ける礼拝式。礼拝式の名称としては聖職按手式とも呼称される。聖公会では主教が新主教・新司祭・新執事を立てる事を叙任という[1][2]

概要[編集]

カトリック教会での叙階秘跡正教会での神品機密叙聖)に相当するが、両教会がそれぞれをサクラメント(ミステリオン)としているのに対し、聖公会では聖職者按手は聖奠(サクラメントの聖公会による訳語)とはされずに聖奠的諸式としており、サクラメントに準ずるものとされている[3]

主教按手においては、首座主教またはその指名を受けた主教が司式する。司祭および執事按手においては、教区主教が司式する。いずれの按手においても、広く教会の祈祷と立証を求めるために、予め公告した日にちに従って行われる[4]

神から召され試みられ、教会によって適性が認められた者のみが、聖霊を求める祈りと主教の按手により、主教、司祭、執事に叙任されるとされる[5]

脚注[編集]

  1. ^ 日本聖公会東京教区
  2. ^ 『聖公会の信仰と職制を擁護する会』
  3. ^ 第20章 聖奠的諸式 (熊本聖三一教会ホームページ)
  4. ^ 『祈祷書』427頁、448頁、467頁、日本聖公会、1991年6月20日第1版
  5. ^ 『祈祷書』426頁、日本聖公会、1991年6月20日第1版