耶律適禄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

耶律適禄(やりつ てきろく、生没年不詳)は、(契丹)の軍人は撒懶。

経歴[編集]

清寧初年、本班郎君となり、まもなく宿直官に転じた。乾統年間、阻卜征討に功績を挙げ、奉宸の位を加えられた。護衛太保を経て、弘義宮副使に転じた。上京臨潢府で趙鍾哥が起兵して反抗すると、適禄が趙を捕らえた。泰州観察使を加えられ、達魯虢部節度使となった。

天慶年間、知興中府となり、金吾衛上将軍の位を加えられた。武装集団のために殺害された。

伝記資料[編集]