缶下駄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

缶下駄(かんげた)とは、空き缶に紐(凧糸)を通し下駄にした遊びである。缶馬あるいはぽっくり(缶ぽっくり)とも呼ばれ[1]、地域によって様々な呼び名がある。中島海編『遊戯大事典』には缶下駄を用いた「カン下駄競争」が紹介されている[2]

作り方[編集]

材料[編集]

  • 空き缶 2個 缶詰の缶(みかん、パインなど)が最もよく使われる。子供が小さければブリキ缶でも良いが、小学生以上の児童ではスチール缶が望ましい。
  • 凧糸 1m×2本 糸の長さは子供が立ったときの膝上20cmから靴の底までの長さを2倍した程度。

加工[編集]

  1. 空き缶の開いていない側の上部2ヶ所に穴を開ける。この時の穴の位置は空き缶の横側の最上部に開け、円の中心を通り反対側にも穴を開ける。
  2. 開けた穴に紐を通し、紐の端を結んで完成。紐の長さは手で容易に缶がコントロールできる長さにする。
  3. 同様に合計2つの下駄を作る。

遊び方[編集]

まず、缶の上(開いていない面)に足を乗せる。そして紐をしっかりと両手で引っ張って前進する[2]。缶が足の裏にくっつく状態を保つ必要がある。特別な遊び方はなく、水たまりの上でも歩けてしまう事や、缶の鳴る音を楽しむ遊びである。数人で歩く速さを競うこともされる。遊び場所を選ぶ際、柔らかすぎる地面では缶がめり込むし、でこぼこした場所は転倒の恐れがあるため不向きである。平坦である程度のスペースがあり、転んでも怪我をしにくい運動場などが最適である。

貝下駄[編集]

缶下駄に類似するものとして、缶ではなく大型の二枚貝を材料に用いた貝下駄がある[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b 日本民具学会 『日本民具辞典』ぎょうせい p.143 1997年
  2. ^ a b 中島海編 『遊戯大事典』 p.160 1957年

関連項目[編集]