織田了

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
織田了

織田 了(おだ りょう、1861年10月12日文久元年9月9日[1]) - 1939年昭和14年)3月24日[2])は、衆議院議員立憲同志会憲政会)、弁護士

経歴[編集]

尾張国中島郡大里村(現在の稲沢市)出身。1879年明治12年)、中島郡役所雇となり、1885年(明治18年)に準判任官に昇進し、1888年(明治21年)には郡書記に任じられた。しかし翌年辞職して、明治法律学校(現在の明治大学)に入学し、卒業後の1893年(明治26年)に判事検事登用試験に合格した。司法官試補、検事、判事を歴任したが、1902年(明治35年)に農商務省に移り、林務官、林務課長、主計課長、特許局審査官、特許局事務官を歴任した。退官後は弁護士・弁理士として活動した。

1915年(大正4年)、第12回衆議院議員総選挙に出馬し、当選した。

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第三十六回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1915年、11頁。
  2. ^ 衆議院事務局『第一回乃至第二十回総選挙 衆議院議員略歴』、1940年

参考文献[編集]

  • 細井肇 『現代日本の政治家』 国光社、1916年