結果整合性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

結果整合性: Eventual Consistency)は、ACID特性と同様にデータベースにおける一貫性モデルであるBASE特性における最も重要な考え方の一つである。結果整合性(Eventual Consistency)は、既存のRDBMSにおける悲観的ロックのような、厳密な一貫性を要求する考え方とは全く相反する考え方である。例えば、インターネットのDNSNTPプロトコルGPSなどのように、即座にデータが反映されることを前提としていないが、問題なく成立している事例は数多く存在する。

このように、結果整合性(Eventual Consistency)は、結果的に一貫性が保たれればよいという考え方に基づいている。NoSQLに代表されるデータストアでは、この考え方を取り入れることで、容易にスケールアウトを実現できるようにしている。結果整合性(Eventual Consistency)の実現には、P2Pアーキテクチャーを導入した、様々な分散相互排他アルゴリズムが採用されている。

関連項目[編集]