経口ブドウ糖負荷試験

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

経口ブドウ糖負荷試験(けいこうブドウとうふかしけん、Oral glucose tolerance test, OGTT)は、糖尿病の診断方法のひとつ。糖尿病が疑われる患者に対し、短時間に一定量のブドウ糖水溶液を飲んでもらい、一定時間経過後の血糖値の値から、糖尿病が存在するかどうかを判断する方法である。

現在では、WHOの基準に従い、75gのブドウ糖を負荷し、2時間後の血糖値を測定して診断するが、かつては50gや100gのブドウ糖を用いることもあった。

血糖値を意図的に上昇させる試験であるため、既に本試験の前に行っている空腹時血糖値や随時血糖値によって糖尿病型と診断されている患者にはこの試験を施行してはならない(禁忌である)とされている。もっともこの検査によって誘発される高血糖は一時的であり、よほどのことがない限りはこの試験で病状を大きく悪化させる心配はないが、血糖値を反映するヘモグロビンA1c(HbA1c)のような便利な検査が普及している日本においては、その適応について、慎重に判断されるべきものである[要出典]

非アルコール性脂肪性肝疾患の診断に際し、当該検査は有効であると報告されている[1]

試験の手順と判定[編集]

  • 経口ブドウ糖負荷試験の手順例
  1. 前日の夜から8時間以上絶食
  2. 空腹時血糖(負荷前)の採血
  3. 75gのブドウ糖を溶かした水を5分以内に飲む
  4. 75gのブドウ糖を飲んだ後、30分後、1時間後、2時間後に血糖測定用の採血
  5. 負荷前と負荷後120分の血糖値により判定
ブドウ糖負荷試験の判定基準
正常型 境界型 糖尿病型
空腹時血糖値 (未満) (以上)
2時間後血糖値 (未満) (以上)
判定条件 空腹と2時間後の
いずれも
または または

脚注[編集]

  1. ^ 木村友希、兵庫秀幸、石飛朋和 ほか、非アルコール性脂肪性肝疾患における糖負荷試験の有用性について 肝臓 Vol.51 (2010) No.10 P.586-588, doi:10.2957/kanzo.51.586

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • {{{1}}} (PDF)