細川徳時

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

細川 徳時(ほそかわ のりとき)は、江戸中期の武士。細川家の血を引くが、詳細は不明。息子は1男、細川徳生(のりあき?、幼少の頃に病死)。娘は、御三卿一橋徳川家の初代当主・徳川宗尹の側室となって隼之助、のちの福岡藩主黒田治之福岡藩黒田氏に養子入り)を産んでいる。