粘液細菌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミクソコッカス目
M. xanthus development.png
Myxococcus xanthus
分類
ドメイン : 細菌 Bacteria
: プロテオバクテリア門
Proteobacteria
: δプロテオバクテリア綱
Deltaproteobacteria
: ミクソコッカス目 Myxococcales
学名
Myxococcales Tchan et al. 1948
下位分類(亜目)
  • シストバクター亜目
  • ソランギウム亜目
  • ナンノシスティス亜目

粘液細菌(ねんえきさいきん、slime bacteria、Myxobacteria、Myxococcales、ミクソコックス目、ミクソコッカス目)は、土壌細菌のひとつで、多細胞的な行動を起こすグラム陰性真正細菌である。

グラム陰性、好気従属栄養性。鞭毛は無く、滑走による移動能力がある。高度に社会的な性質を持ち、多数の細胞が協調して細菌、植物遺体を捕食する[1]。増殖は栄養状態が良い時は単純に二分裂で増えるが、飢餓・個体密度増加・光照射などの刺激があると1~100万もの菌が集合し、0.1~0.5mm程の子実体と粘液胞子を形成する[1]。この子実体は種により色、形などの特徴がある。一旦子実体を形成すると数十年の保存が可能である[1]。栄養状態が良くなると再び栄養細胞を放出して元に戻る。生育環境や生活環は細胞性粘菌に似たところがある[1]

代表的な種Myxococcus xanthusは比較的詳しく調べられている。いくつかの生理活性物質が発見されている。ゲノムサイズは軒並み900万bpを上回り、解析済みの原核生物の中では最大である。2013年に報告されたSorangium cellulosum So0157-2のゲノムサイズは1478万2125kbp[2]真核生物である出芽酵母(1200万bp)を上回っている。ORFは10,400箇所で出芽酵母の2倍近い。

分類[編集]

参考文献[編集]

  • 不藤亮介「粘液細菌 : この可憐で賢き狩人たち」、『生物工学会誌』第91巻第9号、公益社団法人 日本生物工学会、2013年9月25日、 532-535頁。
  • Schneiker S et al. (2007). “Complete genome sequence of the myxobacterium Sorangium cellulosum”. Nature Biotechnology 25 (11): 1281–1289. doi:10.1038/nbt1354. 
  • Reichenbach H (2001). “Myxobacteria, producers of novel bioactive substances”. J Ind Microbiol Biotechnol 27 (3): 149–56. doi:10.1038/sj.jim.7000025. PMID 11780785. 
  1. ^ a b c d (不藤2013)
  2. ^ Han K, et al. (2013) Extraordinary expansion of a Sorangium cellulosum genome from an alkaline milieu. Sci Rep 3:2101