立野留志子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

立野 留志子(たての るしこ、1919年 - 2009年10月27日)は、フランソア喫茶室の2代目主人である。夫は社会主義者の立野正一

福井県生まれ。10代後半に、京都のフランソア喫茶室にウエイトレスとして勤務。戦時中は物資不足でコーヒーのかわりに番茶を提供して営業を続けた。

晩年、パーキンソン病を患った。