立ちごけ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

立ちごけ(たちごけ)とは、オートバイ自転車で発生しうる転倒の一種で、停車中ないしは停車しようとする際に車体を足で支えることができずに転倒するものをいう。立ちゴケ立ち転けなどとも表記する。

概要[編集]

オートバイや自転車は停車中には自立できないため乗員が足で車体を支えるが、その際にタイヤや足が滑ったり、足をつきそこねたり、車体を倒しすぎて片足で車重を支えられなくなったりといった理由により転倒することがあり、走行中の転倒と区別して立ちごけとも呼ばれている。自転車ではビンディングシステムやトウクリップにより足をペダルに固定している場合、停車時にペダルから足を外すことができずに転倒する場合もある。

走行中に比べると重大な傷害や車体の大きな破損につながることはあまりないものの、オートバイの場合には乗員が下敷きになり車重によって怪我をする場合や、転倒後にほかの車両と接触する場合がある。自転車の場合は乳幼児を同乗させていて転倒し、乳幼児がけがをする事故も発生している。

原因と対策[編集]

主な原因とその対策を示す。

  • 停車しようとしている所に砂や小石等が散らばっており、地面に足をついた時、十分なグリップが得られず転倒する。
  • わだちが予想以上に深く、足をついたのはいいもののバイクや自転車を傾けすぎてしまい、支えれなくなり転倒する。
  • ビンディングシステムやトウクリップ、ステップに足が挟まり抜けなくなる。
  • 手押しでの運搬中、傾けすぎて転倒する。

 いずれの場合も、足元を目視確認し、平らで異物(砂や小石等)がないことを確認したうえで、停車すればある程度防ぐことができる。

 また、バイクや自転車を手押しで移動する際は、腕の力だけではなく、腰をシートに付け、ある程度傾けることで安定して運搬することができる。

 もし仮に立ちごけしてしまった場合は周囲の安全を確認・確保してから、速やかに引き起こし、二次災害・三次災害の発生を抑制することが重要である。[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

出典[編集]