禁反言の法理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

禁反言の法理(きんはんげんのほうり、英語:estoppel、エストッペル)とは、一方の自己の言動(または表示)により他方がその事実を信用し、その事実を前提として行動(地位、利害関係を変更)した他方に対し、それと矛盾した事実を主張することを禁ぜられる、という法である。

禁反言の原則」「エストッペルの法則」とも呼ばれる。

関連項目[編集]