神様の教会世界福音宣教協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

神様の教会世界福音宣教協会(かみさまのきょうかいせかいふくいんせんきょうきょうかい、英:World Mission Society Church of God)は1964年に安商洪(1918年1月13日 - 1985年2月25日)が設立した韓国キリスト教新宗教。教会側によれば、現在登録されている教会は韓国内に450余ヶ所、韓国以外2200余ヶ所に教会があり、登録信者数は175万人に達する。[1]

教理[編集]

  • 三位一体説に合わせ時代を聖父時代、聖子時代、聖霊時代と区分する。ここで聖父はエホバ、聖子はイエス・キリスト、聖霊は安商洪を指し、現在は聖霊時代なので安商洪の名により祈らなければならない。[2]
  • 安息日いわゆる礼拝日は七日目の日である土曜日であり、今日の教会が日曜日を礼拝日としたのは古代ローマの太陽神崇拝の異教慣習を受け入れたからである。[3]
  • 過越祭が新しい契約であり、永遠の命と災いから免れる約束がある。[4]
  • 神様は「父なる神様」だけではなく「母なる神様」も存在する。[5]
  • 礼拝や祈りの時に女性は必ず頭にベールを被らなければならないし、男は礼拝や祈りの時に頭に何も被ってはならない。[6]
  • 十字架崇拝は偶像崇拝である。[7]

脚注[編集]


 外部リンク [編集]