神様のバレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

神様のバレー』(かみさまのバレー)は、渡辺ツルヤ原作、西崎泰正作画による日本漫画バレーボールを題材にした漫画で、『週刊漫画TIMES』(芳文社)にて、2012年12月21日号から不定期連載中。

あらすじ[編集]

実業団の凄腕アナリスト阿月総一は、的確に相手の弱点を見抜いて、相手チームの嫌がるプレイをしかける「嫌がらせの天才」で、裏方でありながらチームを2度優勝に導いていた。だが、その後は日々携帯ゲームにかまけるなど退屈な素振りを見せ、Vリーグ1チームのアナリスト程度に満足していない様子だった。そんな彼の元に、日村化成の会長が「万年1回戦負けのチームを全国優勝させれば、全日本男子の監督のイスを用意する」という賭けをもちかける。かくして阿月は、万年一回戦敗退の弱小チーム、幸大学園中学校バレー部のコーチとなる。

かつて全日本女子候補だった女監督の鷲野孝子が率いる幸大学園バレー部は、「気合と根性」だけの練習を重ねていたが、レギュラーだけが練習をする非効率さで、チーム全体に負け犬根性が連鎖していた状態だった。阿月は補欠メンバーたちを鍛え上げ、他校との練習試合であらゆる戦略を駆使し、補欠メンバーで勝利を勝ち取っていく。その後、2回戦で負けた幸大学園バレー部であったが、チームに火がつき、負け犬から自ら勝利へ導き出していこうとする「野犬」へと生まれ変わり、勝利への執念、勝負への意識が芽生えていく。そして、ガンマンズのアナリスト 木下、そして同じくアナリストをしていた盛長緑子の協力を得ながら、全国優勝を目指すべく、あれこれ画策を始めるのだった。

尚、舞台については架空の都市名となっている。東市、南市、西市、北市の4都市があるが、関東地方の県ということしか分かっていない(栃木県、埼玉県、神奈川県は代表チームが出てきているので、それ以外の3県と推定される)。

登場人物[編集]

主要人物[編集]

阿月 総一(あづき そういち)
「バレーの神」を自称する天才アナリスト。相手チームが嫌がることを徹底する戦略で、チームに勝利をもたらすことがモットー。実業団Vリーグチーム「日村化成ガンマンズ」のアナリストで大会2連覇の立役者だったが、日本バレーの世界一を夢見る日村化成の会長に、「万年1回戦負けのチームを全国優勝させれば、全日本男子の監督のイスを用意する」という約束を信じて、幸大学園中学校のコーチとなる。生徒たちに自分のことを神と崇めさせ、鷲野監督のことをハゲワシ呼ばわりするなど傍若無人で傲岸不遜な性格だが、完全なワンマン主義ではなく生徒や他の人たちの提案などはきちんと受け入れているなど、物事に対して常に柔軟な態度もとっている。本人に言わせればバレーボールは「クソみたいな競技」で友人の誘いもあってバスケットボールを始めるつもりだったらしいが、それでもある呪いに取り憑かれてからは、バレーボールから離れたことはないらしい。
鷲野 孝子(わしの たかこ)
幸大学園中学校の女監督。コートネームはイーグルアイと呼ばれ、その直向きなプレイにファンも多く付いていたVリーグ岡城製薬所属の名選手だった。かつては全日本女子入りを期待されていたが、膝の故障から実業団を引退し、後に幸大学園の監督となる。「気合と根性があれば勝てる」がモットーだが、阿月には否定され、以後は勝ちたいというバレー部員らの気持ちを酌み取り、阿月の方針にはきちんと従っている。監督としては戦術面などは未熟なものの、練習や技術の指導については優れており、阿月からも高く評価されている。なぜか阿月からはハゲワシと呼ばれている。元バレーボーラーだけあってスタイルは良く背も高い。現役時代はアイドル選手としても名が売れていたようで、引退後もバレー関係者にとっては憧れの的として描かれている。また、この作品では彼女の視線からモノローグが語られることも多い。
木下 勇紀(きのした ゆうき)
実業団ガンマンズのアナリストを務める小太りの青年。中学時代から阿月の1年後輩で、高校、大学、社会人と阿月に取り憑かれるように彼の足跡を追って日村化成ガンマンズに辿り付いた。データを重んじるタイプで、分析力もなかなかのものがあり、阿月の一番の理解者でもある。鷲野孝子のファンでもあり、彼女とは少しいい関係にもなっている。マッシュルームカットの頭で、あだ名はキノコだが、緑子からはブタシメジと呼ばれている。
盛長 緑子(もりなが みどりこ)
実業団ガンマンズのアナリストで、内はねの髪型と尖った眉が特徴。家電、住建、保険など様々な業種に進出している盛長グループの令嬢で、阿月に似た傲岸不遜さを持つじゃじゃ馬娘。元々は盛長ホームダックスのリベロであり、鷲野を試合で挑発して故障させた元凶でもある。阿月総一にぞっこん惚れ込んでおり、自らをフィアンセと名乗ったり、本人の前で愛が欲しいなどと伝えたりしているが、なかば奴隷みたいな扱いを受けても従順に尻尾を振る健気な一面も。阿月の指令で左遷に近いイタリア派遣を解かれ、幸大学園バレー部のコーチとして阿月の片腕として活躍。阿月に負けず劣らず、優れた観察眼と洞察力を発揮しており、阿月も彼女の能力は非常に高く買っている。阿月からはグリーンと呼ばれたコートネームをもじって"グリ子"と呼ばれている。感情的になるとイタリア語で叫ぶ癖がある。

幸大学園中学校[編集]

東市に位置する私立の進学校。バレー部は20年連続一回戦敗退の弱小だったが、2年前から鷲野が監督に就任、その丁寧で的確な指導により、最低限のバレー技術は持っていた。後に、阿月の指導と持ち前の知性を生かした嫌がらせ(I)と騙し(D)に満ちたIDバレーを行い、他校からも一目置かれる存在になる。

滝川 三秀(たきがわ みつひで)
背番号1。キャプテン。夏の試合に、二年生レギュラーとして出場したが、敗戦。悔しさを感じ、同じ思いをしないために、部員達の前で全国優勝を誓う。後にキレのあるスパイクを武器とするエースアタッカーとして頭角を現し、新人戦を戦い抜く。新人戦後は、ポジション変更でセッターを任される。インコースへのスパイクが得意。あだ名は「みぃ」で、元々は家庭で呼ばれていたもので本人は当初恥ずかしがっていたが、あっという間に愛称として浸透した。文系科目に強い。
福井 直樹(ふくい なおき)
背番号4。副キャプテン。ポジションはセッターまたはスパイカー。成績優秀で学年首席、特に理系科目に強い。また、阿月の課題も試合のうちに解き明かすなど他人にはない優れた知性を持つ。二枚目で女子にモテており、やや気障な一面がある。鷲野監督に憧れていたが、自ら身を退き、後に寝川中学校のマネージャーと交際。
倉木 大河(くらき たいが)
背番号3。センタープレイヤー。練習嫌い。
上島 亮(うえしま りょう)
背番号6。幸大のリベロで、チームの守護神となる。穏やかで素直な性格だが、根性なら誰にも負けない努力家で勝ち気も強い。
伊藤 仁(いとう ひとし)
背番号5。スパイカー。小学生時代将棋の全国チャンピオンだった。読みあいによるフェイントなどの頭脳プレーを得意とする。
坊山 悟(ぼうやま さとる)
背番号2。センタープレイヤー。背が高く、ブロックの要。正直な性格でやや情に脆い。
西浦 雅人(にしうら まさと)
背番号12。エース。新人戦時は1年生。力業のアタッカー。小柄だが優れた跳躍力を持ち、スタミナは抜群で、パワーのあるスパイクを放つ。一方、背が低く、レシーブは苦手。
原田(はらだ)
セッター。プレーの読みあいは苦手。
森(もり)
背番号10。ブロッカー。新人戦時は1年生。
星野(ほしの)
背番号11。ブロッカー。新人戦時は1年生。
村井(むらい)
背番号7。

男子バレー部OB[編集]

高橋(たかはし)
補欠選手だったが、阿月コーチにサーブの指導を受けて、幸大学園の初勝利に貢献する。背は低く、内気な性格。後輩からの人気もある。
小池(こいけ)
補欠選手だったが、阿月コーチにスパイク指導を受けて、幸大学園の初勝利に貢献する。背が高く、お人好しな性格。
野中(のなか)
佐藤(さとう)

二子石(にこいし)中学校[編集]

幸大学園が位置する東市の地区優勝常連校。愛称はニコ中

井川(いがわ)
背番号1。ミドルブロッカー。キャプテン。滝川をライバル視している。得意技は高速Bと通常のBによるスパイクなどで、優れた運動能力を持ち、一人時間差などもこなせる。
合田
監督。通称、ゴウちゃん。

歩木浜(あるきはま)中学校[編集]

読みは。設楽監督率いる南市のダークホース。愛称はアル中
片山 健(かたやま けん)
セッター。頭脳プレーを得意とする。左利き。
有吉(ありよし)
藤田(ふじた)
設楽 香(したら かおり)
若き美人監督。綺麗で穏やかな見た目とは裏腹に腹黒い策士であり、プライドが高く、自己顕示欲も強い。プロポーションに優れており、その豊満な胸から阿月はメロンなどと呼んでいる。阿月をハニートラップで引っかけて作戦を聞き出し、選抜優勝を手にしたが、それが仇となり、本編で阿月に攻略されてしまう。

薬丸(やくまる)中学校[編集]

全中出場経験もある強豪。西市の代表で、ボールを拾って繋ぐ地上型バレーを得意とするチーム。愛称はヤク中

坂本 理一(さかもと りいち)
背番号3。双子の兄でポジションはセッター。小学校からの経験をいかしたプレーをする。
坂本 光二(さかもと こうじ)
背番号4。双子の弟でポジションはリベロ。小学校からの経験をいかしたプレーをする。
浜野(はまの)
坪井(つぼい)
背番号6。ライトスパイカー。
柳楽
保田
三枝
松平 光国
監督。かつては「東の闘将」と呼ばれた。近年は指導が甘くなったと言われるが、策士としての技量は健在で、老獪な戦略で相手を翻弄する。今年で定年予定。隠居のような風貌から、生徒からは黄門様と呼ばれている。
仁木
コーチ。生徒からはアニキと呼ばれ慕われているが、本人は子供たちをあまり好んでいない。

寝川(ねがわ)中学校[編集]

南市の強豪で、ワンマンエースのオープンバレーを得意とするチーム。愛称はネッ中

武藤(むとう)
背番号7。全国レベルのスパイカー。妄想癖があり、マネージャーの井上に熱を上げていたが、あっさり振られる。また、俳句を嗜んだりしているが、成績は悪く赤点続き。
東(ひがし)
井上 祥子
バレー部のマネージャー。見た目とは裏腹に気が強く、異性にも積極的。幸大学園の福井と親しくなる。
平野 武志(ひらの たけし)
監督。阿月とは因縁があり、中学時代は不良でいじめっ子だったが、彼に壮絶な復讐と辱めを受け、彼の存在がトラウマになる。中学校教師を選んだのも、阿月、五十嵐、雪村の3人と遭遇することはないと思っていたからだという。

半田学園中学校[編集]

夏の予選は東京1位。関東大会の優勝候補で打倒薬丸中学を目標にしていた。愛称はハンガク。

河野 雄馬(こうの ゆうま)
背番号5。スーパーエース。自分のスパイクやクイックをユウマサンダーと名付けるなど特撮に被れている。
佐藤 公春(さとう きみはる)
背番号2。セッター。監督やコーチに負けないほど卓越した観察力と推理力をもつ。オカルト関係に深い興味をもつ。
栗田
飯塚
岩藤 公明(いわどう きみあき)
バレー部監督。名監督として知られ、優れた観察力と的確な指導力、判断力を持つ。
沖山 春男(おきやま はるお)
コーチ。

藤代台中学校[編集]

夏の予選は埼玉1位

金田
監督。

その他[編集]

雪村、五十嵐
寝川中の平野の、中学校時代の因縁の相手。阿月と仲が良かった。
滝川 一樹
三秀の兄。大学生。
滝川 賢二郎
三秀の兄。
滝川 玲子
三秀の姉。

書誌情報[編集]

外部リンク[編集]