神戸愉樹美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

神戸 愉樹美(かんべ ゆきみ、1948年10月1日[1] - )は、日本の古楽器演奏家。神奈川県出身。

人物・来歴[編集]

教員一家に生まれる。フェリス女学院短期大学音楽科卒。学生時代は、ヴァイオリンを専攻し、久保田良作に師事する。短大卒業後、バーゼル市立音楽院(Schola Cantorum Basiliensis)に留学。ここで古楽器を学び、古楽器専攻でディプロムを取得。特にビオラ・ダ・ガンバを学ぶ。ハーグ王立音楽院留学。大橋敏成、H・L・ミュラー、W・クイケンに師事。

音楽活動[編集]

1976年に帰国してからは、リサイタル、レコーディング、テレビ番組などに出演して古楽奏者として活躍。また、古楽器演奏家の仲間と、神奈川県内で『プロムジーク神奈川』というグループを結成し、教会などを会場にして演奏会を開き、ルネサンス・バロック音楽の普及に務める。

1998年以降、つくば古典音楽合唱団のコンサートミストレス、1999年から明治学院大学バッハアカデミー同人、国立音楽大学、フェリス女学院音楽学部講師を努めると共に、1983年以降、自ら『神戸愉樹美ヴィオラ・ダ・ガンバ合奏団』を結成し、演奏活動を行っている。

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.505

外部リンク[編集]

関連項目[編集]