神々のたそがれ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
神々のたそがれ
Hard to Be a God
監督 アレクセイ・ゲルマン
脚本 アレクセイ・ゲルマン
スヴェトラーナ・カルマリータ
原作 ストルガツキー兄弟「神様はつらい」
出演者 レオニード・ヤルモルニク
音楽 ヴィクトル・レーベデフ
撮影 ウラジーミル・イリイン
ユーリー・クリメンコ
編集 イリーナ・ゴロホフスカヤ
マリヤ・アモーソワ
公開 イタリアの旗 イタリア 2013年11月13日(ローマ
上映時間 177分
製作国 ロシアの旗 ロシア
言語 ロシア語
テンプレートを表示

神々のたそがれ』(かみがみのたそがれ、英語題: Hard to Be a God)は、アレクセイ・ゲルマン監督による2013年のロシアのSF映画。2013年11月13日、ローマ国際映画祭にて上映された[1]

あらすじ[編集]

地球から遠く離れた惑星。そこに位置する王国のアルカナルでは、ドン・レバ(アレクサンドル・チュトゥコ)の分隊である灰色隊によって、書物は焼かれ、知識人は処刑される日々が続いている。この星に地球から送られてきた観察者のひとりであり、ゴラン神の子を騙っているドン・ルマータ(レオニード・ヤルモルニク)は、知識人を迫害から守ろうとする。

医師のブダフ(エヴゲーニー・ゲルチャコフ)は、隣国のイルカンから来るはずであったが、道中で行方不明となる。宮殿を訪れたドン・ルマータは、国王の病気を治療できるブダフはドン・レバたちによって連行されたのだろうと話す。ドン・レバは国王に命じられて、ブダフを連れてくる。後日、ドン・ルマータは、それが偽物のブダフであったことを知る。

ある日、皇太子の寝室で当直していたドン・ルマータは、押し入ってきた灰色隊によって逮捕される。連行された先で、彼は皇太子が殺害されたことを知る。灰色隊のクシス大佐は、国王を毒殺したとしてドン・ルマータに絞首刑を宣告するが、その場にやってきた神聖軍団の修道僧たちによって撲殺される。神聖軍団の主教を名乗るドン・レバは、ドン・ルマータとの会話の末、本物のブダフを連れ去ってよいと告げる。

ドン・ルマータが街へ出てみると、灰色隊に代わり、神聖軍団が暴力でアルカナルを支配していた。彼は監獄に忍び入り、本物のブダフを救出し、自宅へ連れ帰る。

自宅に帰り着いたドン・ルマータは、恋人のアリ(ナタリア・マテーワ)と言葉を交わす。そこへ突然、神聖軍団の放った矢が飛んできて、アリの命を奪う。怒りに駆られたドン・ルマータは、神聖軍団を皆殺しにする。

観察者たちは、神聖軍団の死体があふれる街を歩き回った末、水辺に座っているドン・ルマータを探し当てる。彼は地球へ帰還するつもりがないことを観察者たちに伝える。そして、去り行く観察者のひとりに「お前が本を著すのなら、『神でいることはつらい』と記すがよい」と告げる。

ドン・ルマータと奴隷を乗せた馬車が、雪原を走っている。やがて、騎馬隊との連結が断たれた車は動きを止める。ひとり取り残された彼は、その場で金管楽器を吹きつづけるのだった。

キャスト[編集]

  • ドン・ルマータ - レオニード・ヤルモルニク
  • ドン・レバ - アレクサンドル・チュトゥコ
  • 男爵 - ユーリー・ツリーロ
  • 医師ブダフ - エヴゲーニー・ゲルチャコフ
  • アリ - ナタリア・マテーワ

製作[編集]

ストルガツキー兄弟のSF小説「神様はつらい」(1964年)の映画化に向けて、1968年には脚本第一稿が書き終えられていたが、チェコ事件の勃発により、本作の企画は頓挫した[2]。その後、製作が再開され、2000年から2006年にかけて撮影が行われた[2]。しかし、製作が最終段階を迎えていた2013年に、監督のアレクセイ・ゲルマンが死去[2]。あとを引き継いだ妻のスヴェトラーナ・カルマリータと息子のアレクセイ・ゲルマン・ジュニアにより、本作は完成した[2]

評価[編集]

Metacriticでは、10件のレヴューで平均値は88点だった[3]Rotten Tomatoesでは、36件のレヴューで平均値は9.1点、支持率は94%だった[4]

Variety』のジェイ・ワイスバーグは、「最初から最後まで男たちが戦い、放屁し、飲み、叫ぶさまを描写するアレクセイ・ゲルマンの手腕は見事であるが、上映時間は長すぎる」と指摘しつつ、「形式的には『フルスタリョフ、車を!』の延長線上にあり、ソビエトの支配に対する大胆な応答としては最高のものであろう」と述べた[1]

受賞[編集]

映画賞 対象 結果
第89回キネマ旬報ベスト・テン[5] 外国映画ベスト・テン 6位

脚注[編集]

  1. ^ a b Weissberg, Jay (2013年11月22日). “Film Review: ‘Hard to Be a God’”. Variety. 2015年12月4日閲覧。
  2. ^ a b c d ウンベルト・エーコをうならせたアレクセイ・ゲルマン遺作「神々のたそがれ」予告編”. 映画.com (2014年12月20日). 2015年12月3日閲覧。
  3. ^ Hard to Be a God”. Metacritic. CBS Interactive. 2015年12月4日閲覧。
  4. ^ Hard to Be a God”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2015年12月4日閲覧。
  5. ^ キネマ旬報ベスト・テン発表、「恋人たち」「マッドマックス」が1位に輝く”. 映画ナタリー (2016年1月8日). 2016年1月8日閲覧。

外部リンク[編集]