社会福祉士及び介護福祉士法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
社会福祉士及び介護福祉士法
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称 CSWCW法
法令番号 昭和62年法律第30号
効力 現行法
種類 社会保障法
所管 厚生労働省
主な内容 社会福祉士、介護福祉士の資格を法定
条文リンク e-Gov法令検索
テンプレートを表示

社会福祉士及び介護福祉士法(しゃかいふくししおよびかいごふくししほう、昭和62年5月26日法律第30号)は、日本国家資格である社会福祉士介護福祉士の資格を定めて、その業務の適正を図り、もって社会福祉の増進に寄与することを目的とする、日本の法律である。

構成[編集]

  • 第1章 - 総則(第1条~第3条)
  • 第2章 - 社会福祉士(第4条~第38条)
  • 第3章 - 介護福祉士(第39条~第44条)
  • 第4章 - 社会福祉士及び介護福祉士の義務等(第44条の2~第49条)
  • 第5章 - 罰則(第50条~第56条)
  • 附則

主務官庁[編集]

厚生労働省の所管となる。

資格[編集]

外部リンク[編集]