磐境神明神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
磐境神明神社
所在地 徳島県美馬市穴吹町口山宮内138番地
位置 北緯34度0分22秒
東経134度8分55秒
主祭神 天照皇大神
社格 無格社
創建 不明
本殿の様式 磐境
例祭 不明
テンプレートを表示

磐境神明神社(いわさかしんめいじんじゃ)は、徳島県美馬市穴吹町口山にある神社白人神社の奥宮。古神道磐境と呼ばれる。[1]

歴史[編集]

安永8年の「白人大明人由来書」によると、寛保年間(1740年代)に発見された。1987年(昭和62年)3月11日、穴吹町の指定史跡に指定され、現在は美馬市指定史跡となっている。

徳島県出身の竹田日恵の「竹内文書が明かす超古代日本の秘密」という本で「五社三門」と呼ばれて超古代文明の史跡とされた。[2]

関連項目[編集]

交通[編集]

参考文献[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 徳島県 磐境神明神社 2011年5月16日
  2. ^ 竹田日恵 「竹内文書が明かす超古代日本の秘密」 1998年 ISBN 4-537-02623-5