砂浴び

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
泥の中で転げまわるウマ
砂浴びをするコマツグミ

砂浴び(すなあび)とは、の中で転げまわって皮膚や羽についている寄生虫を落とす動物の行動のことである[1]

概要[編集]

砂浴びは水浴びや泥浴びと同じように羽や皮膚、毛皮をきれいにするための行動で、砂浴びが必須の動物もいる[2]が砂浴びをするときは、少なくとも一方の羽を開いて砂地に体をこすりつける。顔を洗ったり、羽を逆立せるように動くものもいる。毛づくろいをしない鳥は砂浴びだけで体を清潔に保っている。

動物[編集]

砂や泥の中で転げまわって虫を取り除くのが好きな動物は多い。砂浴びは濡れた体を乾かすのにも役に立つ。馬小屋にはが運動したあと砂浴びができるように、常設の砂場があることがよくある[3]

人間[編集]

中世のマルタでは、取り替え子と疑われた子供を神殿で宗教的な砂浴びをさせるということが行われた。[要出典]

参照[編集]

  1. ^ dust bath definition - Dictionary - MSN Encarta”. 2009年10月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月23日閲覧。
  2. ^ http://exoticpets.about.com/od/chinchillas/a/chindustbath.htm
  3. ^ Managing Horses on Small Properties Retrieved 2010-3-12

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]