知覚動詞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

知覚動詞(ちかくどうし;verb of perception)もしくは感覚動詞(かんかくどうし;sensory verb)とは、特に印欧語文法において、知覚や感覚を表現する動詞で、目的格補語原形不定詞現在分詞をとることができる動詞のことをいう。

英語の場合[編集]

代表的なものとして、feel,hear,see,watch,catch sight of,listen toなどが挙げられる。

  • I felt the earth move.(地面が揺れるのを感じた。"move" が原形不定詞)
  • We heard the bell toll.(そのベルが鳴るのが聞こえた。"toll" が原形不定詞)
  • I saw the cat cross the road.(その猫がその道を横切るのを見た。"cross" が原形不定詞)

catch sight ofやlisten toは、ひとつの他動詞として働く。listen toで原形不定詞をとるのは、アメリカの用法。

目的格補語に原形不定詞・現在分詞・過去分詞の内のどれを用いるか[編集]

ただし、通常は目的格補語が過去分詞の場合は知覚動詞には含めない。

現在分詞 原形不定詞 過去分詞
feel
see
hear
look at -
notice -
watch -
observe -
listen to -
watch -
discover -
find -
perceive - -
imagine - -
catch - -
smell - -