白桃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

白桃(はくとう)は、の品種の一つ。

概要[編集]

1899年(明治32年)に、岡山県で発見された桃の品種で、水蜜桃の一種である。

岡山(現・岡山市東区瀬戸町)で、偶然優良品種の桃が大久保重五郎により発見されたのが白桃である。大玉で高級品。完熟しても果皮が乳白色であることが命名の由来[1]。 簡単に手で皮を剥くことができ、白い果肉はジューシーで甘みが強い[2]に近い中心部分は強い桃色を呈している。 最近では更に品種改良を加え、より甘く美味しい白桃を作り出す事が出来るようになっている。

主な産地[編集]

原産地である岡山県が著名で、ブランド化されている。

その他では、桃自体の生産量が多い山梨県福島県長野県和歌山県山形県でも作られている。

主な派生品種[編集]

現在では、白桃を元に開発された派生品種が多数ある。これに対し、元来の白桃を通称「純白桃(じゅんはくとう)」と呼んで区別する。

  • 浅間白桃(あさまはくとう)
  • 黄金桃(おうごんとう)
  • 岡山夢白桃(おかやまゆめはくとう)
  • 加納岩白桃(かのういわはくとう)
  • 川中島白桃(かわなかじまはくとう)
  • 清水白桃(しみずはくとう)
  • 白鳳(はくほう)
  • 日川白鳳(ひかわはくほう)
  • 紅清水白桃(べにしみずはくとう)
  • 大和白桃(やまとはくとう)

(五十音順)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ただし派生品種には完熟すると桃色等に変化する物もある。
  2. ^ 新明解国語辞典には「果汁が多く、おいしい」と書いてある。