白昼の暴行魔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
白昼の暴行魔
La settima donna
監督 フランコ・プロスペリイタリア語版
脚本 ロマノ・ミグリオリーニ
ジャンバティスタ・ムゼット
原案 エットレ・サンゾ
製作 ピノ・ブリッチ
出演者 フロリンダ・ボルカン英語版
レイ・ラブロック
音楽 ロベルト・プレガディオ英語版
撮影 クリスティアーノ・ポガニー
編集 Francesco Malvestito
配給 日本の旗 松竹/富士映画
公開 イタリアの旗 1978年4月20日
日本の旗 1978年11月18日
上映時間 96分
製作国 イタリアの旗 イタリア
言語 イタリア語
テンプレートを表示

白昼の暴行魔』(La settima donna, 英語: The Last House on the Beach)は、1978年のイタリアの映画である。

本作の最後のシーンはクエンティン・タランティーノ監督の『デス・プルーフ in グラインドハウス』の最後のシーンに影響を与えている[1][2][3]

キャスト[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ David Annandale (2008年11月1日). “Death-Proofing the Last House on the Beach”. Upcoming Discs. 2011年12月26日閲覧。
  2. ^ The Last House on the Beach - Review”. Fright.com. 2011年12月26日閲覧。
  3. ^ Gianluca Macrì (2007年12月2日). “Ray Lovelock: "It’s easy when you’re Big In Japan"” (イタリア語). Omero.it. 2011年12月26日閲覧。

外部リンク[編集]