田上隕石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田上隕石(国立科学博物館の展示)

田上隕石(たなかみいんせき)は、滋賀県大津市で発見された隕石である[1]。日本で最も重い隕石[1]で、重量は173.9kgとされている。なお、飛来時期及び発見当時の状況等は特定できていない[1]

1885年明治18年)、大津市にある田上山で発見されたIIIEに分類される鉄隕石である[1]。1905年(明治38年)以降、国立科学博物館(展示当初は帝国博物館)で展示されている[1][2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 重さ174キロ…国内最重量の隕石が1世紀ぶりに滋賀県に“里帰り”産経新聞 2015年7月11日08:11配信) 2019年1月11日閲覧
  2. ^ 隕石”. 国立科学博物館. 2010年5月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]