生神女誕生大聖堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ボゴリュボヴォの生神女誕生大聖堂
ヴェリコ・タルノヴォの生神女誕生大聖堂

生神女誕生大聖堂(しょうしんじょたんじょうだいせいどう)は、生神女聖母マリア)の誕生を記憶する大聖堂。本曖昧さ回避一覧では大聖堂ではない聖堂修道院も挙げる。

ロシア語では"Рождественский собор"(ロジェストヴェンスキー大聖堂)とも表記されるが、イイスス・ハリストス(イエス・キリストのギリシャ語・ロシア語読み)の降誕を記憶する聖堂もロジェストヴェンスキー大聖堂と呼ばれている場合がある。特に生神女の誕生を記憶することが明示されて居る場合には"Богородице-Рождественский собор"(ボゴロジツァ・ロジェストヴェンスキイ・サボール、生神女誕生大聖堂)といった表現が用いられている。

また当然の事ながら、ロシア語・スラヴ語を用いない非スラヴ系の正教会であるギリシャ正教会系・ルーマニア正教会系の教会で「ロジェストヴェンスキー大聖堂」などの表記が行われる事はない。

大聖堂[編集]

聖堂・教会[編集]

関連項目[編集]