球磨拳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

球磨拳(くまけん)は、熊本県人吉市周辺で遊ばれている拳遊びの一種。片手で0から5までの形を作って同時に出し、優劣を競う。江戸時代参勤交代の頃より始まったと伝えられている。

毎年8月に熊本日日新聞社主催で大会が催されている。

6種の手形の内3つがじゃんけんと同じであるので、じゃんけんの元になったとも考えられるが、球磨拳はグーがパーに勝つ等勝敗が逆である。

数字 映像 備考
0 すべての指を握る
LSQ s.jpg
グー
1 親指のみ開く
ThumbsUp.jpg
2 親指と人差し指を開く
LSQ l.jpg
チョキ
3 中指、薬指、小指を開く
LSQ f.jpg
4 親指以外を開く
LSQ 4.jpg
5 全て開く
LSQ 5.jpg
パー

勝敗[編集]

数字が一つ多い方が勝つ。例えば1は0に勝ち、2は1に勝つ。ただし0は5に勝つ。それ以外は無勝負(あいこ)。

遊び方[編集]

「ひい」「ふう」「さん」の合図で打ち出す。通常2回続けて勝つと勝ちとなる。

試合形式[編集]

1チーム5人編成で、2チーム10人が5組になって向き合って座る。各組の間には台を置き、その台の上に棒を10本乗せ、1回勝ったら勝った方が棒を1本取り10本の棒が無くなるまで10回対戦する。

5組全部の対戦が終わると、片方のチームが1人ずつずれ、新たな組み合わせとなって10本の棒を取りあう。これを繰り返し1人が相手チーム5人全てと対戦する。

合計250本の棒からより多くの棒を取ったチームを勝ちとする。

団体[編集]