「ローダ」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
→‎ローダによる再配置: ポインタ (プログラミング)|
m (曖昧さ回避ページへのリンクを付け替え(アドレスメモリアドレス))
m (→‎ローダによる再配置: ポインタ (プログラミング)|)
 
=== ローダによる再配置 ===
ローダによる再配置が必要なコンピュータもある。それらは読み込みの開始点を指定するためにロードされるプログラムの[[メモリアドレス|アドレス]]([[ポインタ (プログラミング)|ポインタ]])を調整する。この方式のコンピュータのポインタはプログラムのベースアドレスからの[[オフセット]](距離)ではなく[[絶対アドレス]]である。[[IBM]]の[[System/360]]やその後継機がそのような方式を採った。
 
=== ローダのその他の使用 ===
155,468

回編集

案内メニュー