「漢字直接入力」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
→‎分類: 2つを無連想式へ移動。シフトの方式は文字の読みですが、文字の配置は無連想です(でなければ、「風」で入力したことのない文字を入力するときに、画面とにらめっこして
m (リンク追加)
m (→‎分類: 2つを無連想式へ移動。シフトの方式は文字の読みですが、文字の配置は無連想です(でなければ、「風」で入力したことのない文字を入力するときに、画面とにらめっこして)
[[ストローク]]から入力される漢字が連想出来ないもの
*2~4打鍵の組合せにより指定するもの([[T-code]]、[[TUT-code]]、[[G-code]]、[[超絶技巧入力]]など)
*文字の読みにより指定するもの([[風 (日本語入力システム)|風]]および互換FEP)
 
===連想式===
ストロークから入力される漢字が連想出来るもの
*文字の読みにより指定するもの([[風 (日本語入力システム)|風]]および互換FEP)
*文字コードに着目して指定するもの([[す (日本語入力システム)|す]]、百相鍵盤『き』、phoenixなど)
**漢字コード、あるいは区点コードを直接入力して漢字を呼び出す(各社のかな漢字変換でこの機能も使える。また、[[Mac OS]]ではUnicode Hex Inputというキーボード配列をインストールすることで[[Unicode]]の16進値から直接入力出来る)
131,367

回編集

案内メニュー