「食糧管理法」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
 
==概要==
日中戦争の最中の1942年の戦時中の日本において[[東條内閣]]の頃に制定された。内容は、食糧の生産・流通・消費にわたって政府が介入して管理するというものであり、目的は食糧(主に米)の需給と価格の安定である。戦争のために必要とされた制度であったが、1994年まで続いた
 
戦中戦後の食糧不足の時代には必要性が高い法であったが、豊になり洋食や麺等の多様化が進み米が余るほどに生産されるようになった1970年頃から政府米の収支が逆ザヤとなる問題や、自主流通米以外のいわゆるヤミ米問題の問題が発生。また外国から米市場開放問題などが要求される。
 
1995年(平成7年)に廃止され、後継法は[[主要食糧の需給及び価格の安定に関する法律]]に引き継がれた。
8

回編集

案内メニュー