「韻母」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
'''韻母'''(いんぼ)とは、[[中国語]]の漢字音の構成要素の一。一[[音節]]内の[[声母]](頭子音)の後に続き[[声調]]を除いた[[母音]]を中心とした部分(声調も韻母に含める場合がある)。音の分節は'''介音'''([[半母音]])・'''主母音'''・'''尾音'''(鼻音か二重母音を構成する補助的な母音)で構成される。例として、「東」字の発音は現代中国語の北京語では dōng (dong1) と表記されるが、このうち d は声母、-ong(1) が韻母である。この場合、介音はゼロで、-o-が主母音、-ngが尾音である。なおこの韻母は[[注音符号|注音字母]]にしたがって分けると、介音 -u- と、韻腹と韻尾 -eng からなる。
 
また部位を表す用語として、介音を'''韻頭'''、主母音を'''韻腹'''、尾音を'''韻尾'''と呼ぶ。
匿名利用者

案内メニュー