コンテンツにスキップ

「力への意志」の版間の差分

m
→‎著書: エリーザベト >> エリーザベト リンク化
m (→‎著書: エリーザベト >> エリーザベト リンク化)
==著書==
ニーチェは『力への意志』を著すために多くの草稿を残したが、本人の手による完成には至らなかった。
ニーチェの死後、これらの草稿が妹の[[エリーザベト・フェルスター=ニーチェ | エリーザベト]]によって編纂され、同名の著書として出版された<ref>日本語訳は、F・ニーチェ, 原佑訳 『権力への意志』 上下巻, ちくま学芸文庫, 1993</ref>。
ただし、力への意志という言葉は『ツァラトゥストラはこう言った』や『人間的な、あまりにも人間的な』の中でも登場し、その概念をうかがい知ることができる。
 
418

回編集