「ローダ」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
en:Loader (computing) 06:28, 27 March 2008 Chobot から
 
(en:Loader (computing) 06:28, 27 March 2008 Chobot から)
'''ローダ'''(loader)とは他の[[プログラム]]を[[読込]]して[[起動]]できる状態にし、それを実行する[[プログラム]]。
#REDIRECT[[ブート]]
 
== ローダの諸相 ==
=== ブートローダ ===
{{main|ブートローダ}}
 
特に[[システム]]の起動時に実行され、[[オペレーティングシステム]]を読込・実行するローダは[[ブートローダ]]と呼ばれ、通常コンピュータが再起動、シャットダウン、電源を切るなどするまで[[カーネル]](OSの中核コンポーネント)に残る。OSの中にはカーネルを[[ページング]]([[主記憶装置]]・[[補助記憶装置]]間のデータ転送)できるものもあり、その場合ブートローダのメモリ領域が移ることがある。
 
=== ダイナミックリンカ ===
 
[[共有ライブラリ]]([[dll]]など)を読み込み、起動しているプログラムに関連付けるローダが[[ダイナミックリンカ]]である。
 
=== ローダの再配置 ===
 
ローダの再配置が必要なコンピュータもある。それらは読み込みの開始点を指定するためにローダの[[アドレス]]([[ポインタ]])を調整する。この方式のコンピュータのポインタはプログラムのベースアドレスからの[[オフセット]](距離)ではなく[[絶対アドレス]]である。[[IBM]]の[[System/360]]やその後継機がそのような方式を採った。
 
=== ローダのその他の使用 ===
 
ローダは[[プロトタイピング]]、テスト、使い捨てアプリケーションで有用である。そのようなプログラムの一つが[[ジーン・アムダール]]のオリジナル[[OS/360]]の中核部であった。その機能は[[MVT]]、[[MVS]]、[[z/OS]]といった後継機に引き継がれた。
 
=== ローダのないコンピュータ ===
 
プログラム読み込みをサポートする全てのOSはローダを有するが、[[自動車]]や[[オーディオ]]などに使われる特化したコンピュータは一つのプログラムで事足りてしまうためローダを持たない。
 
== その他 ==
[[Unix]]でのローダは[[システムコール]]の[[ハンドラ]] ''execve()''である。
 
[[de:Lader (Programmierung)]]
[[en:Loader (computing)]]
[[es:Cargador de programas]]
[[fr:Chargeur (informatique)]]
[[ko:로더 (컴퓨팅)]]
[[he:טוען (תוכנה)]]
[[ru:Загрузчик программ]]
104

回編集

案内メニュー