「外道」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
より正確な解説を記した
(より正確な解説を記した)
'''外道'''('''げどう''')とは、もともと仏教用語で、悟りを得る内道(ないどう、つまり仏の教え)に対する言葉である。転じて道に外れた人をさして言うようになった。<br>
'''外道'''('''げどう''')とは、主に常道に暮らす人とは別の道を歩む人などを指す。語源は[[サンスクリット語]]からと言われている。現在は悪人を指す言葉や人を罵る場合、または[[仏教]]徒から他宗教の信者を侮蔑する時にも使われる。
1.仏教以外の教え、またそれを信奉する人びとを総称した呼称。仏教が悟りを得る「内道」というのに対して指した言葉。もともとインドに仏教が興った紀元前5~6世紀ごろ、マガダ国に存在した[[六師外道]]という自由思想家たちや異教の思想一般を指して言った。外道という訳語は、他の教えを語る者(para-pravaadin)と、他の宗派の僧・教祖(anya-tiirthya)があるが、本来の意味は渡し場、沐浴場、霊場を作る人(tiiha-kara)のことで、一派の教祖を意味する。<br>
2.前項から転じて、正論者から異論邪説を唱える人たちを貶めていうようになった。これが叉転じて日常用語となり、人を罵って使われる言葉となった。
 
 
*[[隠者]]
3,436

回編集

案内メニュー