「ランヴィエの絞輪」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
(新規記述)
 
 
==機能==
軸索がミエリン鞘化されていない神経細胞では、細胞体や[[軸索小丘]] ([[:en:axon hillock]]) で発生した活動電位は、軸索の細胞膜の[[イオンチャネル]]を次々に解発して活動電位を神経パルスとして伝えていく。 その伝播速度は典型的には数 m/s 程度にすぎない。 一方、ミエリン鞘が存在し軸索がとしての[[絶縁]]度が高まることによって、細胞内の[[電位]]の変化は遠くまで伝達しやすくなる。 この効果は[[ケーブル理論]] ([[:en:cable theory]]) によって説明される。 この絶縁の程度は電位の伝達距離を決定するが、ミエリン鞘化された軸索 (有髄軸索) は数十 µm から数 mm 間隔でランヴィエの絞輪を設けることによって、再び活動電位を強化し、高速でより遠方まで神経パルスを伝達している。 これによって、平均的伝播速度は 10–100 m/s に向上する。 このランヴィエの絞輪によって、有髄軸索ではランヴィエの絞輪の間を跳躍的にパルスが伝達するようになり、これは[[跳躍伝導]]と呼ばれている。
 
この跳躍伝導を行うためにランヴィエの絞輪部分の軸索の細胞膜にはそれに関わる特に多くのイオンチャネルが存在している。 特に[[電位依存性ナトリウムチャネル|電位依存性 Na<sup>+</sup> チャネル]] ([[:en:voltage-gated sodium channel]]) の密度は 10<sup>10</sup> 個/mm<sup>2</sup> にもなる。
 
{{biosci-stub}}

案内メニュー