海碧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

海碧(かいへき)は、セラミック顔料の1つ。

名称[編集]

別名マットブルーとも呼ばれる。セラミックスの分野では「コバルトブルー」と呼ばれる[1]が一般的なコバルトブルーとは成分が異なる。Colour Index Generic NameはPigment Blue 72である[2]

性質・製法[編集]

組成式はCoO・ZnO・Al2O3(酸化コバルトと酸化亜鉛、酸化アルミニウムのスピネル)で表される。コバルトブルーとの違いは、酸化亜鉛を成分に含む事である。酸化コバルトに酸化亜鉛、酸化アルミニウムを配合して1200°Cで焼成してつくられる。コバルトブルーの色は単にCoOを釉薬に入れても出すことが出来るが、CoOには不純物として釉薬の発泡の原因となる3価のコバルトを含むCo3O4が混じっているため、コバルトを全て2価の状態にしておくためにも意義のある顔料である。高火度の釉薬には使いにくいが、上絵用として重要な顔料である。

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]