泉山康朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

泉山 康朝(いずみやま やすとも、生没年不詳)は、戦国時代武将南部家の家臣。石亀兵庫とも表記される。石亀喜兵衛政明の弟。養子に兄の子古康。三戸郷泉山を領したことから泉山姓を名乗った。

石亀政明、康朝兄弟は三戸郷石亀村が本管の地とされる。しかし墓銘には菅原の姓があり、南部家の庶族である石亀氏との関係は不明であるが、石亀信房庶子であった可能性も否定できない。ただし、盛岡藩の『参考諸家系図』ではその出自を詳らかにしていない。