永田暁彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

永田 暁彦(ながた あきひこ、1982年12月6日 - )は、ミドリムシ(学名:ユーグレナ)の研究・生産を行うバイオベンチャー企業株式会社ユーグレナの取締役CFO。

ユーグレナ社の100%子会社であるユーグレナインベストメント代表取締役社長兼、日本最大の[要出典]技術特化ファンド「リアルテックファンド」代表。

経歴[編集]

山口県下関市に生まれる[1]。幼少時に福岡県に移住して育つ[1]。両親は福祉関係の仕事をしており、父は管理職になれる資格を持っていても現場の仕事を選ぶタイプだったという[1]長崎県の全寮制の私立中高一貫校に進学する[1]。数学が得意だったことと、奨学融資制度があったことから慶応義塾大学に絞って受験し、合格した商学部に入学する[1]。入学直後から2年間休学して、働いて貯めた資金で日本内外を旅行した[1]。復学後は公認会計士を目指したが、偶然知り合った独立系プライベートエクイティファンドの株式会社インスパイアの副社長に誘われてインターンシップを受け、その後複数の企業を就職先として検討するも、最終的に大学卒業後の2007年にインスパイアに入社した[1]

インスパイアではプライベート・エクイティ部門とコンサルティング部門に所属[2]。2008年12月に同社の投資先であった株式会社ユーグレナの社外取締役に就任、2010年4月には取締役事業戦略部長としてユーグレナに完全移籍する[1][2]。ユーグレナ移籍後は、経営戦略、総務人事、ファイナンス、広報、法務など幅広く担当[1][2]、上場準備体制の構築もおこなった。現在はユーグレナ社の財務、経営戦略およびバイオ燃料などの事業開発責任者を務める。

また2014年12月には株式会社ユーグレナインベストメントを設立し、代表取締役社長に就任[3]。次世代先端技術を開発する研究開発型ベンチャー企業の支援を行うことを目的にしたベンチャーキャピタルファンド「リアルテックファンド」の代表として運営全般を統括する[4]

脚注[編集]

外部リンク[編集]