永瀬正治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ながせ まさはる
永瀬 正治
生誕 1935年6月10日
日本の旗 日本
鳥取県米子市
出身校 一橋大学商学部
職業 実業家
子供 永瀬正悟(永瀬石油取締役[1]

永瀬 正治(ながせ まさはる、昭和10年(1935年)6月10日 - )は日本実業家。元永瀬石油取締役社長[2]。元米子商工会議所会頭。米子空港利用促進懇話会会長を務め、同空港を核とした地域振興に尽力する[3]

父は永瀬石油元会長永瀬義春

経歴[編集]

鳥取県米子市出身[2]

昭和33年(1958年一橋大学商学部卒[2]。同年永瀬石油勤務[2]

常務専務を経て同社取締役社長[2]

昭和52年(1977年ウベハウス中海工業取締役社長[2]山陰酸素工業監査役に就任[2]

家族・親族[編集]

永瀬家[編集]

島根県簸川郡斐川村[4]鳥取県米子市尾高町・米子市宗像[5]

明治38年(1905年)3月生[2] - 昭和63年(1988年)12月没[5]
島根県簸川郡斐川村出身[4]永瀬義春によると「私は、家の過去帳によると六代目だ[5]。父・久之助が、明治二十年ごろ米子に来て商売を始めて、もう八十年近く地域のお世話になっている勘定になる[5]」という。

略系図[編集]

 
 
 
 
永瀬久之助
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
永瀬義春
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
永瀬正治
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
永瀬正悟
 

脚注[編集]

  1. ^ a b 会社概要
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 『鳥取県人名録』(企画・編集 鳥取県人名録刊行委員会 旬刊政経レポート、1987年 434頁)
  3. ^ 中海圏交流キャンペーン
  4. ^ a b c d 『新日本人物大観』(鳥取県版)1958年 ナ…208頁
  5. ^ a b c d 『私の交遊抄(中)』 編集 - 朝日新聞鳥取支局、1989年 237頁

関連項目[編集]