永嶺謙光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

永嶺 謙光(ながみね よしみつ、1858年8月25日 - 1935年2月7日)は、大日本帝国海軍機関科士官。最終階級は機関少将。海軍機関学校校長(1903年12月31日 - 1905年11月4日、1908年8月28日 - 1910年12月1日)

来歴[編集]

  • 1858(安政4)年8月25日 静岡藩藩士永嶺光正の次男として生まれる。
  • 1871(明治4)年 実兄源吉と共に沼津兵学校三期生として入学
  • 1894(明治27)年 軍艦高雄の機関長として日清戦争に参加
  • 1899(明治32)年 海軍機関大佐、巡洋艦吾妻の検収巡航のため渡仏
  • 1903(明治36)年 海軍機関学校校長
  • 1909(明治42)年 舞鶴鎮守府機関長。退役の際機関少将に進級
  • 1918年(大正7年)8月8日 - 退役[1]
  • 1935(昭和10)年2月7日 死去

栄典[編集]

関連する人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第1806号、大正7年8月9日。
  2. ^ 『官報』第3676号「叙任及辞令」1895年9月28日。
  3. ^ 『官報』第3838号・付録「辞令」1896年4月18日。

参考[編集]