氷橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

氷橋(すがばし)とは凍結した川に丸太や枝などの木材をかけて骨組みを作り、その上をで覆って凍らせ、固めて完成させたの事である。 主に北海道開拓の初期から第二次世界大戦後にかけて作られ、大きな橋の場合その上を馬橇などが通る事がある。[1] また、俳句などの季語としても使われる[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 菅原昭二「十四歳の丸太馬搬」『穂別高齢者の語り聞き史(昭和編)大地を踏みしめて 上』穂別高齢者の語りを聞く会、2014年、p274。
  2. ^ 季語として扱う場合「すがばし」ではなく「こおりばし」として読む事もある。