水谷竜一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
水谷 竜一
基本情報
本名 水谷 竜一
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1964-11-19) 1964年11月19日(53歳)
出身地 日本の旗 日本東京都
スタイル 士道館空手
テンプレートを表示

水谷 竜一(みずたに りゅういち、1964年11月19日 - )は、日本の空手家東京都出身。

略歴[編集]

1970年代前半に一世を風靡した『空手バカ一代』に感化され、1976年、中学生になったばかりの歳に極真会館添野道場(現世界空手道連盟士道館添野義二館長の師範時代)の門を叩く。当時はまだ大人のみを受け入れる道場しかなく、中学生の入門者はめずらしかった。また、空前の空手ブームでもあり、毎日のように数十人の入門者があるも、あまりの激しく厳しい稽古に挫折する者が多かった。それでも己の本文を尽くすべく添野に師事して空手道に精進し、17歳でキックボクシングも経験する[1]

2001年にオーストラリアへ渡り、2003年に世界空手道連盟士道館オーストラリア支部長に就任する[2]

2009年に帰国の後、三重県伊勢市伊勢水谷道場を開設する[3]三重県空手道連合会の理事長、のち2015年4月から会長を務める。

人物[編集]

オーストラリア政府認定マーシャルアーツインストラクター、一般スポーツコーチの資格を持つ。青少年育成、スポーツ学校での教育、国際交流と精力的に活動を行っている。

出典[編集]

  1. ^ 金村行朗編『格闘Kマガジン』ぴいぷる社、2004年6月号、56頁57項より引用
  2. ^ 士道館空手シドニー支部長 水谷 竜一インタビュー cheers、2014年3月10日閲覧。
  3. ^ 士道館 伊勢水谷道場 士道館伊勢水谷道場、2014年3月10日閲覧。

外部リンク[編集]