毛吹草

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

『毛吹草』(けふきぐさ)は、江戸時代俳諧論書。1645年刊行。編者は松江重頼。7巻5冊より構成される。1647年には3冊の増補がされた。同年5月に成立した鷹筑波集と先作争いが底流にあり、序文には1638年1月成立と記述されている。

先に出版された野々口立圃著の「花火草」と比較して、実際的な作法を重視している。池田正式安原正章らによって排撃を受けたが、好評を博して広く流布した。

1巻は連歌付、俳諧付差別、作法上の注意について広汎な用例を引用して説明する。2巻は四季の詞と恋の詞、3巻は俳諧の符合用語をいろは順に解説、4巻は諸国の名産物への言及、5、6巻は四季と回文発句とその回数、7巻は付句について説明する。

岩波文庫に翻刻がある。

有名なことわざである「に金棒」は、当書が初見である(鈴木棠三 広田栄太郎 編 『故事ことわざ辞典』 東京堂出版 1968年 p.158)。

参考文献[編集]