毛利まさみち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
もうり まさみち
毛利 まさみち
生誕 (1946-07-07) 1946年7月7日(72歳)
職業 切り絵作家

毛利 まさみち(もうり まさみち、本名・毛利 昌道 1946年7月7日~は、日本切り絵作家で、絵本・児童文学作家。切り絵絵本である代表作品に「ももの里」や、「原爆の日(文/岩崎京子)」がある。また、長編ファンタジー「青の森伝説」や、東北大震災とヒロシマ被爆をテーマにした「青い空がつながった」などの児童文学作品がある。日本児童文学者協会会員、絵本学会会員、元・日本きりえ協会会員。代表作品に「ももの里」や「原爆の火」がある。

来歴・人物[編集]

熊本県で育ち、広島県の高校に通う。以後、広島県広島市に住む。 少年・青年時代を通じて、手塚治虫の漫画と、滝平二郎の切り絵にあこがれ、切り絵の手法を独習。40歳のころから、わが子への誕生日プレゼントとして、切り絵絵本を作り始める[1]

1988年、第11回日本の絵本賞(主催・全国学校図書館協議会など)の新人賞部門で「ももの里」が新人賞(佳作)受賞。同・手づくり絵本コンテスト部門で、11回~14回まで、全国学校図書館協議会賞、読売新聞社賞、文部大臣奨励賞などを連続受賞。1992年、秋田県峰浜村(現在の八峰町)が主催した『手づくり紙芝居コンテンスト』で、「お星様を食べたタヌキのポンタ」が最優秀賞を受賞。

なお、絵本の「ももの里」(汐文社=のちにリブリオ出版社より再刊)には、長男である武雄(当時10歳)に思いを込め『タケ』という少年を主人公として登場させている。また「おさんぎつね」(農文協)に登場する少女は、長女・美穂がモデルである。


主な作品[編集]

(共著)

  • 『やさしい手づくり絵本のつくり方』全国学校図書館協議会編(1992/07)ISBN 978-4793300400
  • 『こわ~いオバケ』文溪堂・児童文学者協会編(2014/07)ISBN 978-4799900826


切り絵作品など[編集]

  • 『和の趣』技術評論者(2006年、2007年版)
  • 『上撰 美麗年賀状』宝島社(2009年、2015年版)
  • 『特撰年賀状』『楽々プリント年賀状』晋遊舎(2010年版)

※ 上記は年賀状などの素材として、切り絵デザイン作品がそれぞれ4~8点ずつが収録(掲載)されている。

※ 他に、おたふくソース(株)の情報誌『おたふく』(2003年夏・秋・冬号~2004年春号)の表紙絵や、企業、官公庁のカレンダー、広報チラシの挿絵などを多く手がけている。

出典[編集]

  1. ^ 汐文社 ももの里「あと書き」