殺界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
六星占術
星人
土星人 - 金星人 - 火星人
天王星人 - 木星人 - 水星人
その他
殺界
関連項目
細木数子 - 番組

殺界(さっかい)は六星占術で、よくないとされる運気の流れ。殺界は星人ごとに違う。占命盤で殺界にあてはまるのは、以下の5つの運気。

  • 健弱(小殺界)
  • 乱気(中殺界)
  • 陰影(大殺界)
  • 停止(大殺界)
  • 減退(大殺界)

特に、陰影・停止・減退は何を始めるにも何をやるにもよくないとされる大殺界であり、小殺界や中殺界と異なり、3年(または3か月、3日)継続する。停止の前後の年月日は特に注意して慎重に行動するべきとされる。また十干で生まれ年や星回りが逆の位置にあると宿命大殺界として、最も注意しなければならない時期に入る。停止のときの年月の地支は本人の生まれた日を中心にして必ず空亡に該当する。逆に「達成」のときの年月の地支はその正反対(冲(6年または6か月離れている))である。本来四柱推命陰陽五行の生剋制化を中心に考察されるものであるが、空亡という一見無価値なものを中心に構成しているところに斬新さがある。

空亡の原義からして生まれた日の地支は空亡にならないが、生年生月生時は生まれた日の干支から比べて空亡になる場合も出てくる。生年月日時のいずれかに空亡の地支がある人は空亡の年月を迎えて空亡が解かれる(空亡填実)。

空亡填実のときは本来機能しない空亡の支が機能するのでその地支が本人に必要な場合、運勢上発達する結果になる(「達成」の時である)。こうした事象を説明するため単に土星人、金星人等というのにとどまらず、霊合星人なる概念を発案したものである。数理科学的に興味深い要素を含んでいるだけに更なる解明が待たれる。

宿命大殺界は、算命学の大運天中殺のシステムと酷似しているとの指摘もある。細木数子本人は「殺界のタブー」を守っていないという実態がある。

関連項目[編集]