欧州連合知的財産庁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
欧州連合知的財産庁
European Union Intellectual Property Office
Oami.jpg
欧州連合知的財産庁
略称 EUIPO
前身 欧州共同体商標意匠庁
設立年 1999年
本部 スペインの旗 スペイン アリカンテ
ウェブサイト EUIPO

欧州連合知的財産庁(おうしゅうきょうどうたいちてきざいさんちょう、英語:European Union Intellectual Property Office、略称EUIPO)は、欧州連合の専門機関のひとつ。1999年に設立され、スペインアリカンテに所在している。

概要[編集]

EUIPOの目的は、欧州連合(EU)域内における商標(欧州連合商標、European Union trade mark、EUTM[1])、及び、意匠(登録共同体意匠、registered Community design、RCD[2])の登録機関として機能することにある。

2016年3月23日に欧州連合商標規則の施行に伴い現在の名称に改称した[3][4]。旧称は欧州共同体商標意匠庁(おうしゅうきょうどうたいしょうひょういしょうちょう、英語Office for Harmonization in the Internal Market (Trade Marks and Designs) 、略称OHIM)。英語名称は、「域内市場における調和のための官庁(商標及び意匠)」という意味である。

日本からは、直接EUIPOに対して、商標及び意匠出願を行うことができる。また、EUは商標の国際登録制度についての国際条約であるマドリッド協定議定書を締結しているため、国際商標出願においてEUを指定することより、EUIPOが登録する欧州連合商標(EUTM)を取得することもできる。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 旧共同体商標、Community trade mark、CTM
  2. ^ Designs in the European Union - RCD
  3. ^ 欧州共同体商標意匠庁、欧州連合商標規則施行により 欧州連合知的財産へ (PDF) JETROデュッセルドルフ事務所、2016年3月22日
  4. ^ 「OHIM」から「EUIPO」へ 「CTM」から「EUTM」へ 日本商標協会、2016年1月15日

外部リンク[編集]