樋口大輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
樋口 大輝 Football pictogram.svg
名前
愛称 ヒグ、ダイキ
カタカナ ヒグチ ダイキ
ラテン文字 HIGUCHI Daiki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1984-04-08) 1984年4月8日(36歳)
出身地 熊本県八代市
身長 176cm
体重 72kg
選手情報
ポジション DF (SB)
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2007-2008 ガイナーレ鳥取 32 (1)
2008-2010 佐川印刷SC 65 (2)
2011 チョンブリーFC
2012 ウオチョン・ユナイテッドFC
2013 ソンクラー・ユナイテッドFC
2014-2016 タイ・ホンダFC
2017-2018 チャムチュリー・ユナイテッドFC
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

樋口 大輝(ひぐち だいき、1984年4月8日 - )は、熊本県八代市出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。現役時代のポジションはDF

来歴[編集]

高校時代には九州ユース選抜に、大学時代には九州大学選抜に選ばれるなど、九州学生サッカー界を代表するサイドプレーヤーとして活躍。JFL合同セレクションでのプレーが認められ、2007年シーズンよりJリーグ準加盟チームとなったガイナーレ鳥取に加入。開幕からスターティングメンバーに名を連ね、その後も主力選手として活躍する。

しかし2008年になると出場機会が激減。同年8月4日にガイナーレ鳥取からの退団が発表された。9月30日に佐川印刷SCへの移籍が決定した。

佐川印刷SC移籍後すぐにレギュラーとなり、以降もチームの主力として活躍。2010年シーズン終了後に佐川印刷SCを退団。

2011年から、鳥取時代の監督だったヴィタヤ・ラオハクルが監督を務めているタイ・プレミアリーグチョンブリーFCに入団。

2012年、タイ・プレミアリーグのウオチョン・ユナイテッドFCへ移籍[1]

2014年、リージョナルリーグ・ディヴィジョン2(タイ3部)のタイ・ホンダFCへ移籍[2]。在籍した3年間でクラブは3部から1部に昇格を果たした[3][4]

2017年から2年間タイ・リーグ3チャムチュリー・ユナイテッドFC英語版でプレー。

2019年よりチョンブリーFCのコーチ(分析担当)に就任。

2020年よりタイ・ホンダFC時代に指導を受けていた滝雅美が監督に就任したチェンライ・ユナイテッドFCのアシスタントコーチに就任。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2004 福岡大 7 - - - 1 0 1 0
2005 - - 2 0 2 0
2006 - - 1 0 1 0
2007 鳥取 18 JFL 30 1 - 2 0 32 1
2008 25 2 0 - - 2 0
佐川印刷 4 8 1 - 0 0 8 1
2009 31 0 - 2 0 33 0
2010 26 1 - 1 0 27 0
タイ リーグ戦 リーグ杯FA杯 期間通算
2011 チョンブリー 30 TPL
2012 ウオチョンU 14
2013 ソンクラーU
2014 ホンダ Dvi2
2015 Dvi1
2016
通算 日本 JFL 97 3 - 5 0 102 3
日本 - - 4 0 4 0
タイ TPL
タイ Dvi1
タイ Dvi2
総通算 97 3 - 9 0 106 3

人物[編集]

2014年に「ピース・ボール・アクション・タイランド」を立ち上げて、サッカーを通じた社会貢献活動を行っている[5][6]

脚注[編集]

  1. ^ ヒグログ「2012」2012年3月3日掲載
  2. ^ お待たせしました、2014 初ブログ!! "根拠ある直観力"”. ヒグログ(公式ブログ) (2014年1月31日). 2014年2月4日閲覧。
  3. ^ 笹田健史 (2019年1月25日). “【タイでプロになったサッカー選手・樋口大輝 ①】キャプテンを務めたタイホンダFC、3部から1部に導く”. ganas. 2020年1月31日閲覧。
  4. ^ 佐々木裕介 (2016年11月26日). “その熱気はHONDAの生産レーンもストップさせるほど!? タイでプロになった日本人・樋口大輝が6年間で見たものとは?”. サッカーダイジェスト. 2020年1月31日閲覧。
  5. ^ 山形美郷 (2018年9月24日). “サッカーを通して喜びを 「Peace Ball Action」で笑顔を”. 週刊ワイズ. 2020年1月31日閲覧。
  6. ^ 笹田健史 (2019年2月14日). “【タイでプロになったサッカー選手・樋口大輝②】メーソットで“ワールドカップ”、難民や山岳民族の子ども集める!”. ganas. 2020年1月31日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]